ゆとりのある老後生活を送るために必要な貯蓄額はいくら?

お金を増やす

自分の30年後、40年後に目を向けた時、定年後の自分は、ゆとりのある生活ができているのか心配になる方は少なくありません。

「老後生活に不安を感じているか」という調査では、85.7%と約8割以上の人が、老後に対する不安を抱えているという結果となっています。

老後生活の不安内容をみると、「公的年金だでは不十分」という回答が80.9%を占めています。(生命保険文化センター 生活保障に関する調査 平成28年度調べ)

現代では「人生100年時代」と言われるようになり、定年退職した後も長い人生が待ち受けています。

もし仮に65歳で定年を迎えた場合、まだ30年以上もの長い人生が待っていると考えると、公的年金以外の収入がない中で、果たしてゆとりのある生活はできるのでしょうか?

老後ゆとりのある生活をするにはいくら必要か?

老後の生活費

夫婦2人で老後生活を送る場合、「老後の最低日常生活費」がいくら必要かという調査では、平均額が月額で22万円となっていました。

一方、ゆとりのある老後生活を送るためには、最低日常生活費以外にも必要と考えられている金額を上乗せしなければならなく、その平均額は月額で12.8万円でした。

上乗せ額の使い道として、旅行やレジャーが最も多く、身内とのつきあい、趣味や教養、日常生活費の充実、耐久消費財の買い替え、子どもや孫への資金援助など、最低日常生活費だけでは賄えないという実情が垣間見えてきました。

老後の趣味

つまり、ゆとりのある老後生活を送るために必要な金額は、「老後の最低日常生活費」と「老後のゆとりのための上乗せ額」を合計した金額となり、月額平均34.9万円という結果になりました。

(生命保険文化センター 生活保障に関する調査 平成28年度調べ)

ゆとりのある老後生活費は公的年金でまかなえる?

公的年金

これまで考えてきたように、ゆとりのある老後生活に毎月必要な額、34.9万円を公的年金でまかなえるのでしょうか?

公的年金は、自営業や会社員など働き方や、年金に加入している期間、会社員として勤務した期間や報酬額によって異なります。

例えば、夫が40年間厚生年金に加入し、妻は専業主婦であった場合の年金平均額は、平成26年度で約23万円です。

つまり、ゆとりのある老後生活に必要な34.9万円から公的年金月額23万円を差し引いた金額、月額11.9万円が不足しているという計算になります。

34.9万円-23万円=11.9万円

不足分は自助努力での貯蓄が必要

前述の例で考えれば、もし仮に65歳で退職して、そこから30年間は公的年金で生活したとします。

すると、不足分11.9万円×12か月×30年=4,284万円を65歳までに準備しておかなければならない計算になります。

一般的な家庭の場合を想定して計算しているので、すべてのご家庭に当てはまるものではありませんが、ちょと驚きの金額ですよね?!

しかも、不足分は自助努力で貯蓄しなければならない、ということを考えると、効率的な資産運用が必要になるでしょう。

⇒マネーのプロに無料で相談できるのはココだった!

まとめ

この記事から分かるように、ゆとりのある老後を送るには、できるだけ早い時期から貯蓄しておくことの必要性を確認できたのではないでしょうか。

もし貯蓄が苦手だという方は、プロが勧める無理のない貯蓄術を、ファイナンシャルプランナーに相談することをお勧めします。

マネーのプロに無料で相談できるのはココだった!

「保険料が家計を圧迫してる」「将来のために資産運用したい!」など、お金の問題はいつの時代もついてくるものです。

みなさんもお金にまつわる、こんな悩みを抱えていませんか?

  • いま入ってる保険で将来は本当に大丈夫なの?
  • 保険料をもっと安くしたい!
  • 資産運用ってどんな方法があるの?
  • 家族が増えたんだけど、家族のための保障ってどれくらい必要なの?
  • 老後の資金ってどれくらい必要なの?
  • 相続税や贈与税の相談がしたいけど誰に相談すればいいの?

私は、妻と3人の子どもの5人暮らしですが、マイホームの購入や子どもたちの教育費、自分たちの老後のことなど、お金のことでいつも不安を抱えていました。

それなりの節約生活をしていましたので、あるていど銀行には貯金がありました。

でも今の低金利ではほとんどお金が増えないし、どうにかして今の預貯金を増やせないかと考えていました。

そのため、株式やFXといった投資もしてきましたが、結局大損をしてしまい、ハイリスク、ハイリターンの投資は私には向いていないことを悟りました。

そんな私に、お金の見方を180度変えるできごとがありました!

お金の見方が大きく変わったある出来事

給料は少しずつ増えはしますが、それに伴って支出も大きくなってきます。

そこに、住宅ローンや子どもたちの教育費、自分たちの老後の生活費など、様々なお金の問題が降りかかってきます。

私が独身の頃は、お金を増やそうと株式やFXを勉強して、ある程度増やすことができましたが、結婚して子どもが産まれると、なかなかそんな冒険もできなくなります。

将来の不安に駆られていた時、「ファイナンシャルプランナーへ相談」をしたことが、私のお金の見方を大きく変えてくれました!

私自身も、それなりにお金に関する知識を持っているつもりでしたが、やはりお金のプロの見方はまったく違うものでした。

将来、いつまでにどれくらいのお金がかかるのか、控除という制度を用いてそれほどの節約ができるのか、それを捻出するためにお金をどのように生み出す仕組みを作れるのか、など、具体的な方法を知ることができました。

単にお金を増やすだけでなく、損をしないための分散投資の仕方や、入りすぎている保険の見直しなど、無駄なモノがこれほどあったんだと思い知らされました。

やはりお金のプロって見る観点が違うんですね。

この記事を読んでくださっていて、同じような悩みをお持ちでしたら、ぜひ無料のファイナンシャルプランナーに相談してみてください!

きっと、お金に関する見方が大きく変わると思いますよ。

⇒もっと知りたい!続いてお読みください

コメント