【サルでも解る】相続税はなぜかかる?いくらからかかるの?

豆知識

親が財産を持っていると、心配になるのが「相続税」ですよね?

でもせっかく親が築いた財産なのに、それを受け継ぐだけで税金を取られるって、ちょっと納得のいかない人も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、なぜ相続税がかかるのか、誰に課税されるのか、いくら相続すればかかるのか、といった相続税の基本的な部分を解説したいと思います。

相続税がかかる理由

人が亡くなったときに、その亡くなった人の遺産を相続した相続人に対してかかってくるのが「相続税」です。

相続税には、「富の再配分」という基本思想のもと、資産を持っている人と持っていない人の平均化を図る機能のために設けられています。

つまり貧富の差を緩和することが目的のようです。

相続税は誰に課税されるのか?

相続税

相続税は、相続により得た財産に課税されますので、それを受けた人すべてに課税されることになります。

よくあるパターンでいうと、夫が死亡した場合は、その妻や子どもたちに遺産が相続されることになりますので、その妻や子どもたちに相続税が課されることになります。

専門用語でいうと、死亡した人を「被相続人」といい、財産を受け継ぐ人を「相続人」といいます。

被相続人の財産を相続できる相続人は、民法で定められています。

この民法で定められた相続人のことを「法定相続人」といい、「配偶相続人」と「血族相続人」とに分けられます。

「配偶相続人」とは、配偶者のことで無条件で法定相続人になれますが、内縁の妻(夫)はなれません。

内縁の妻(夫)とは、一緒に生活していて事実上は婚姻関係にあるものの、婚姻届けが提出されていないため、法律上の配偶者として認められていない妻(夫)のことです。

「血族相続人」として認められているのは、血のつながっている直系の家族のことで、血の濃い順序で受け取るというルールがあります。

第一順位 直系卑属(子、孫など)

第二順位 直系尊属(父母、祖父母など)

第三順位 傍系の兄弟姉妹とその子

相続財産の分割について

相続財産の取り分については、民法上、一定ルールで定められていて、そのルールを「法定相続分」といいます。

法定相続分は様々なパターンがあります。

1.相続人が配偶者のみの場合、配偶者がすべて相続します。

2.相続人が配偶者と子の場合、配偶者が2分の1、子が2分の1

3.相続人が配偶者と直系尊属の場合、配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1

4.相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1

法定相続分

5.もし配偶者がなく、子、直系尊属、兄弟姉妹が複数いる場合は、各自の相続分は等分となります。

相続税はいくらかかる?

相続税がいくらかかるのかという計算は、まず課税価格の合計を計算しなくてはいけません。

課税価格は、単に現金がいくらあるかだけではなく、不動産価値や有価証券、生命保険金、死亡退職金など、様々な財産がいくらあるのかなどを調べ、課税価格の合計を導き出します。

すべての資産価値に税金をかけると、かなりの税金を支払わなければならない場合がありますので、税金を一部免除するための措置が取られています。

それが基礎控除額です。

基礎控除額は次の計算式で表されています。

基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数

課税価格の合計から基礎控除額を差し引いて、課税遺産の総額が計算できます。

課税遺産の総額は、それぞれの法定相続人の取り分で按分されますが、その金額によって税率が違ってきます。

取得金額税率控除額
1,000万円以下10%
3,000万円以下15%50万円
5,000万円以下20%200万円
1億円以下30%700万円
2億円以下40%1,700万円
3億円以下45%2,700万円
6億円以下50%4,200万円
6億円超え55%7,200万円

この記事では、相続税の原則的な部分しか述べていませんが、現実的には考慮すべき事柄が他にもあります。

相続税について相談したい人は、税理士や弁護士に相談するとよいでしょう。

もしお金をかけずに相談するのであれば、ファイナンシャルプランナーに相談することもできます。

⇒マネーのプロに無料で相談できるのはココだった!

 

マネーのプロに無料で相談できるのはココだった!

「保険料が家計を圧迫してる」「将来のために資産運用したい!」など、お金の問題はいつの時代もついてくるものです。

みなさんもお金にまつわる、こんな悩みを抱えていませんか?

  • いま入ってる保険で将来は本当に大丈夫なの?
  • 保険料をもっと安くしたい!
  • 資産運用ってどんな方法があるの?
  • 家族が増えたんだけど、家族のための保障ってどれくらい必要なの?
  • 老後の資金ってどれくらい必要なの?
  • 相続税や贈与税の相談がしたいけど誰に相談すればいいの?

私は、妻と3人の子どもの5人暮らしですが、マイホームの購入や子どもたちの教育費、自分たちの老後のことなど、お金のことでいつも不安を抱えていました。

それなりの節約生活をしていましたので、あるていど銀行には貯金がありました。

でも今の低金利ではほとんどお金が増えないし、どうにかして今の預貯金を増やせないかと考えていました。

そのため、株式やFXといった投資もしてきましたが、結局大損をしてしまい、ハイリスク、ハイリターンの投資は私には向いていないことを悟りました。

そんな私に、お金の見方を180度変えるできごとがありました!

お金の見方が大きく変わったある出来事

給料は少しずつ増えはしますが、それに伴って支出も大きくなってきます。

そこに、住宅ローンや子どもたちの教育費、自分たちの老後の生活費など、様々なお金の問題が降りかかってきます。

私が独身の頃は、お金を増やそうと株式やFXを勉強して、ある程度増やすことができましたが、結婚して子どもが産まれると、なかなかそんな冒険もできなくなります。

将来の不安に駆られていた時、「ファイナンシャルプランナーへ相談」をしたことが、私のお金の見方を大きく変えてくれました!

私自身も、それなりにお金に関する知識を持っているつもりでしたが、やはりお金のプロの見方はまったく違うものでした。

将来、いつまでにどれくらいのお金がかかるのか、控除という制度を用いてそれほどの節約ができるのか、それを捻出するためにお金をどのように生み出す仕組みを作れるのか、など、具体的な方法を知ることができました。

単にお金を増やすだけでなく、損をしないための分散投資の仕方や、入りすぎている保険の見直しなど、無駄なモノがこれほどあったんだと思い知らされました。

やはりお金のプロって見る観点が違うんですね。

この記事を読んでくださっていて、同じような悩みをお持ちでしたら、ぜひ無料のファイナンシャルプランナーに相談してみてください!

きっと、お金に関する見方が大きく変わると思いますよ。

⇒もっと知りたい!続いてお読みください

コメント