節約すると貧乏になる!?間違った節約と正しい節約の違いとは?

豆知識

「節約」するのは大切なことですよね。

でも間違った節約をすると、逆に貧乏になるってご存知でしょうか?

節約には“正しい節約”と“間違った節約”がありますので、今回の記事ではどんな節約をすると貧乏になるのか、正しく節約するにはどうすれば良いのか、また、節約だけでなくお金を増やす方法もご紹介したいと思います。

節約すると貧乏になる!間違った節約とは?

スーパーやショッピングをしていると、「バーゲンセール」「特売セール」「今だけセール」などのチラシやPOPを見かけることがありますが、つい衝動買いしたという経験はありませんか?

まさにこれが“間違った節約”のことです。

今なら通常価格よりかなり安く買える!と思って、つい要らないモノまで買ってしまうことってよくあること。

安く買ったはいいが、使いもせずそのまま放置されてしまっては、節約どころか要らないモノを買っただけ余計な出費をして、結局のところ損をしていることになります。

また最近では、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済で支払いをすると、ポイント還元率がいいということで、そのポイント狙いの買い物をする人も増えています。

最近の例いうと、QRコード決済PayPay(ペイペイ)が「100億円キャンペーン」というのを実施しました。

このキャンペーン中に、PayPay(ペイペイ)で決済すると、最大20%相当のポイントが還元され、さらに数回に1回は買い物した金額の上限1,000円分のくじが当たるというものです。

中には、数回に1回のくじが当たった時のことを考えて、無理して1,000円以上の買い物をし、買わなくてもよいモノまで買ってしまった人が大勢いたようです。

損したくないという心理が、結局は損をする行動へと促してしまい、企業の思惑にまんまとハマって、逆に貧乏まっしぐらというわけです。

この例からも分かるように、“間違った節約”とは、安いからといって要らないモノを買ったり、ポイント狙いで余計なモノまで買うことです。

正しい節約をするには?

では、“正しい節約”とはどんな節約のことでしょうか?

先ほど挙げた例でいうと、「バーゲンセール」や「特売セール」などを計画的に活かした買い物をすることです。

例えば、スーパーでの「特売セール」で、たまご1パック98円など、日常的に消耗する食品を安く買って節約することは、賢い買い物といえます。

また、良質の洋服などを「バーゲン」などで計画的に購入すれば、大きな節約になります。

良質のモノであれば長く使うことができますし、良いモノを身に着けているという自信にもなりますよね。

無理なく節約できるものを利用する

「バーゲン」や「特売セール」以外にも、無理せず節約できるものがたくさんあります。

例えば、NHKの受信料を年払いにすると割引が適用されたり、水道光熱費をクレジットカード払いに変えると、クレジットカードのポイントが知らないうちに増えていて、それを別の買い物に使うことができます。

新幹線を利用する際も、「えきねっと」や「モバイルSUICA」を利用すれば、かなり割引が適用されます。(JR東日本の場合)

さらに、「電気の自由化」や「ガスの自由化」によって、電気会社やガス会社を変えるだけで、同じだけ使っても光熱費が節約できるかもしれません。

このような、日常的に利用するものを少し工夫するだけで、自分でセコセコ節約しなくても、結果的に節約になっているものがありますので、そのようなサービスを賢く利用しましょう。

節約だけでなくお金を増やすことも大切

節約をするのは大切なことですが、お金を増やす(収入を増やす)ことも同時に行う必要があります。

わずかなお金を節約する労力を考えれば、その分、働いてお金を増やすほうが、快適な生活を送る近道といえます。

マネーのプロに無料で相談できるのはココだった!
「保険料が家計を圧迫してる」「将来のために資産運用したい!」など、お金の問題はいつの時代もついてくるものです。 みなさんもお金にまつわる、こんな悩みを抱えていませんか? いま入ってる保険で将来は本当に大丈夫なの? 保険...

お金を増やす(収入を増やす)方法

お金を増やす方法はいくらでもあります。

もし得意なことや手に職があれば、クラウドソーシングで副業することができます。

また、メルカリなどのフリマアプリで不要なモノを売ったり、せどり(転売)で稼ぐこともできます。

イラストなどを勉強してLINEのスタンプを売るとか、ハンドメイドの商品をネットで販売することもできます。

ある程度のまとまったお金があれば、株式投資や投資信託でお金を増やすことができるかもしれません。

もちろん、投資はリスクが伴いますので、リスクの少ない方法でお金を増やすこともできます。

保険商品をうまく利用すれば、寝かせておくだけでお金を増やすことができる場合があります。

もし、お金を増やすことに興味がある人は、ファイナンシャルプランナーに相談すると、良い方法を教えてもらえます。

マネーのプロに無料で相談できるのはココだった!

「保険料が家計を圧迫してる」「将来のために資産運用したい!」など、お金の問題はいつの時代もついてくるものです。

みなさんもお金にまつわる、こんな悩みを抱えていませんか?

  • いま入ってる保険で将来は本当に大丈夫なの?
  • 保険料をもっと安くしたい!
  • 資産運用ってどんな方法があるの?
  • 家族が増えたんだけど、家族のための保障ってどれくらい必要なの?
  • 老後の資金ってどれくらい必要なの?
  • 相続税や贈与税の相談がしたいけど誰に相談すればいいの?

私は、妻と3人の子どもの5人暮らしですが、マイホームの購入や子どもたちの教育費、自分たちの老後のことなど、お金のことでいつも不安を抱えていました。

それなりの節約生活をしていましたので、あるていど銀行には貯金がありました。

でも今の低金利ではほとんどお金が増えないし、どうにかして今の預貯金を増やせないかと考えていました。

そのため、株式やFXといった投資もしてきましたが、結局大損をしてしまい、ハイリスク、ハイリターンの投資は私には向いていないことを悟りました。

そんな私に、お金の見方を180度変えるできごとがありました!

お金の見方が大きく変わったある出来事

給料は少しずつ増えはしますが、それに伴って支出も大きくなってきます。

そこに、住宅ローンや子どもたちの教育費、自分たちの老後の生活費など、様々なお金の問題が降りかかってきます。

私が独身の頃は、お金を増やそうと株式やFXを勉強して、ある程度増やすことができましたが、結婚して子どもが産まれると、なかなかそんな冒険もできなくなります。

将来の不安に駆られていた時、「ファイナンシャルプランナーへ相談」をしたことが、私のお金の見方を大きく変えてくれました!

私自身も、それなりにお金に関する知識を持っているつもりでしたが、やはりお金のプロの見方はまったく違うものでした。

将来、いつまでにどれくらいのお金がかかるのか、控除という制度を用いてそれほどの節約ができるのか、それを捻出するためにお金をどのように生み出す仕組みを作れるのか、など、具体的な方法を知ることができました。

単にお金を増やすだけでなく、損をしないための分散投資の仕方や、入りすぎている保険の見直しなど、無駄なモノがこれほどあったんだと思い知らされました。

やはりお金のプロって見る観点が違うんですね。

この記事を読んでくださっていて、同じような悩みをお持ちでしたら、ぜひ無料のファイナンシャルプランナーに相談してみてください!

きっと、お金に関する見方が大きく変わると思いますよ。

⇒もっと知りたい!続いてお読みください