家計簿をつけなくても貯金ができる簡単裏技とは?

豆知識

よく家計簿をつけると貯金しやすいと言われますが、それは本当でしょうか?

実際、家計簿をつけ始めてから貯金ができるようになった、という人は少なくないと思います。

確かに家計簿をつけることによって、貯金がしやすくなるというのは否定しません。

しかし、貯金するためには必ずしも家計簿をつける必要はないのです。

なぜなら、家計簿をつけるメリットより、デメリットのほうが多いからです。

この記事では、家計簿をつけなくても貯金ができる方法をご紹介したいと思います。

家計簿をつけるメリットとデメリット

家計簿をつけるメリットから見て行きましょう。

家計簿をつけるメリット

  • 収入と支出のバランスを把握できる
  • 支出項目が明確になる

大きく分けると、メリットの部分はこの2つになります。

普通、サラリーマンの家庭では給料がある程度決まっていますから、収入に対して支出が少なくなれば貯金ができます。

つまり、収入-支出=貯金 という計算式になります。

なので、家計簿をつけることにより、収入がいくらで、それに対して支出がいくらかが把握できるので、貯金の額が計算できるということです。

また、支出項目の中には、毎月かかる固定費と、突発的にかかる支出とがありますから、それらを書き出すことにより、節約できる部分が見えてきます。

つまり、支出項目を明確にし、節約するということです。

では次にデメリットを挙げてみたいと思います。

家計簿をつけるデメリット

  • 家計簿をつける時間が取られる
  • 家計簿をつける面倒さがストレスになる
  • 家計簿をつけるのを忘れる

最近では、家計簿アプリという便利なツールがありますので、レシートを写メするだけで取り込むことができたりします。

しかし、これを毎日するとなると結構面倒です。

私もしばらく家計簿アプリを使っていましたが、いつのまにかやらなくなってしまいました。

家計簿をつけることをダイエットに例えると分かりやすいかもしれませんね。

ダイエットをする目的は人それぞれだと思いますが、ダイエットのメリットとしては、健康維持や見た目が良くなる、モテる、などが挙げられます。

しかしそのためには、糖質制限やカロリーを控えた食事を摂ったり、運動したり…と「我慢」や「面倒」の部分が多いため、結果、続かなかったという方が少なくないのではないでしょうか?

同じように、家計簿をつければ貯金しやすいかもしれませんが、その面倒さゆえに、途中でやめてしまう人が少なくないのが実情といえます。

では、どうすれば家計簿をつけずに貯金することができるのか、私が実践している方法をご紹介したいと思います。

家計簿をつけずに貯金する3つの提案とは?

家計簿をつけなくてもよいといっても、全く収支のバランスを計算しなくてもよいというわけではありません。

収支のバランスや収支の項目を明確にすることは重要なことです。

そこで、家計簿をつけなくても貯金するための3つの提案があります。

  1. 貯金をする目的・目標を決める
  2. 今すぐできる節約
  3. 中・長期間にわたっての貯金計画

それでは、一つずつ見て行きましょう。

1.貯金をする目的・目標を決める

貯金というのは、漠然と貯めようとするとなかなか貯めることができません。

なので、いつまでに、何のためのお金を、いくら貯める、という明確な目標を立てることが重要です。

例えば、独身の方であれば、将来の自分の夢を実現するために、3年間で200万円貯金する、といった目標を立てたりします。

また、お子さんがいらっしゃるご家族の方であれば、子どもの教育資金やマイホーム購入の頭金のために、5年後までに500万円を貯めるといった目標も良いでしょう。

このような目的や目標があれば、貯金するモチベーションにもなりますよね。

2.今すぐできる節約で貯金する

次に、毎月の支出項目を一度書き出しましょう。

その中には、毎月ほとんど変動することなくかかる「固定費」として、次のようなものがあります。

  • 家賃や住宅ローン
  • 車のローン
  • 通信費
  • 水道光熱費
  • 保険

これらの中から、今すぐ節約できる部分がないか考えます。

例えば、「通信費」というのは思ってる以上にかかっている方が多いはずです。

もし、docomoやau、ソフトバンクといった大手のキャリアを使っているのであれば、格安SIMやワイモバイル、ワイマックスなどの安価なスマホに乗り換えることによって、大幅に節約することができる場合があります。

また、「保険」を見直すことによって、かなり節約できる場合があります。

同じ保障内容でも保険会社によって、保険料がかなり違っています。

ただ、保険というのは自分で調べるとなると、専門知識も必要ですし、時間がかかってしまいます。

なので、最近ではファイナンシャルプランナーに無料で相談できるサービスがありますので、それらを利用すれば、数あるメーカーの中から節約できる商品を教えてくれます。

他にも、電力会社を乗り換えるだけで電気代が節約できたり、ふるさと納税を活用して実質負担額を減らしたり、自動車保険を見直すといった節約術もありますので、そのようなサービスを活用すると、貯金しやすくなるでしょう。

3.中・長期間にわたっての貯金計画

家計簿を毎日つけるのではなく、人生のライフイベントの際に貯金計画を見直すということです。

人生のライフイベントというのは、結婚や出産、住宅購入、子どもの独立、退職などのことです。

結婚や出産で、家族が増えた時には、万が一に備えて貯金が必要になります。

また、子どもが独立すれば、子どもにかかるお金が減る分、今度は自分たちの老後のお金を蓄えておく必要があります。

ですから、貯金計画というのは、それぞれのライフイベント毎に行うと、その都度、いくら貯金すればよいのかが把握できます。

このような中・長期的な未来計画を立てることを、「ライフプランシミュレーション」といいますが、これは専門家に聞くことをおススメします。

まとめ

この記事では、家計簿をつけなくても貯金ができる簡単裏技として、私が実践している方法をご紹介しましたが、この記事から何か参考になるものが一つでもあれば嬉しく思います。

家計簿を毎日つけなくても、要所要所で収支のバランスを計算したり、ライフイベント毎に貯金計画を立て直すことで、ストレスなく貯金ができると思いますので、ぜひ実践してみてくださいね。

【将来お金で困らない】お金のプロに無料で相談できる4つの方法(全国対応)
「保険料が家計を圧迫してる」「将来のために資産運用したい!」など、お金の問題はいつの時代もついてくるものです。 みなさんもお金にまつわる、こんな悩みを抱えていませんか? こんな悩みありませんか? いま入ってる保険で将来...

コメント