生命保険を乗り換える際の注意点と解約のタイミングは?

保険の相談

生命保険は、一度入ればそれで終わりではありません。

人生のライフステージである結婚・出産・住宅の購入・退職などのタイミングで、保障の過不足を見直す必要があります。

また、保険法の改定や医療の進歩によって、昔に入っている保険では間に合わない場合があります。

なので、数年に1度はメンテナンス(見直し)をすることをお勧めします。

といっても、保険って難しくて分からない、っていう人が多いのも事実。

今回の記事では、保険の見直しにおける注意点や、古い保険を解約するタイミングなど取りまとめてみました。

保険会社は1社専属でなくてもよい

昔は生命保険といえば、死亡保険や医療保険、学資保険などがセット販売というタイプのものがほとんどでした。

しかし最近では、外資系の保険会社がどんどん入ってきているので、終身保険はA社、医療保険はB社、学資保険はC社といった具合に、保険会社を分けて加入することが増えてきています。

というのも、以前は1社専属の保険外交員が営業することが常識でしたが、現在では乗り合い代理店といって、複数の保険会社を取り扱う代理店が増えているためです。

1社専属の場合だと、死亡保障は良い商品だけど、医療保障はあまりお勧めできない、というような場合でも一緒に勧められてしまいます。でも乗り合い代理店だと、客観的な立場から提案できますので、死亡保障はA社がお勧め、医療保障はB社がお勧めといった具合に、ベストな商品を提案してもらえるのです。

乗り換える場合の解約のタイミングは?

もし、保険の見直しをして、他社の保険に乗り換えるとなった場合は、古い保険の解約のタイミングが重要となってきます。

結論からいうと、古い保険の解約は、新しく契約した保険が成立してから解約する、ということです。

生命保険の契約には、審査というものがあります。

契約手続きをした時点での健康状態や過去の病歴などを告知しなければいけません。

保障内容によっては、指定の病院で診察してもらって、審査に問題なければ契約成立となります。

もし審査に問題があって、未成立となった場合に、古い契約を先に解約してしまうと、入りなおすことができなかったり、無保険の状態になってしまうのです。

ですから古い保険を解約する際は、新しく入った保険が成立してから解約するようにしてください。

がん保険の解約タイミングは特に注意が必要

通常の生命保険の契約は、成立が上がれば契約日から保障が始まります。

しかし、がん保険は別です。

がん保険は契約手続きが完了しても、3ヶ月の免責期間というものがあって、成立後3ヶ月間は保障が効かないのです。

がんは発病しても自覚症状がすぐに出ないことが多く、たまたま受けた検査でがんが見つかったということもあります。がん保険に加入する時点では自覚症状がなくても、その後すぐにがんが見つかって給付金が支給されたとなれば、保険の公平性が維持できなくなります。

このような理由で、がん保険に関しては免責期間が設けられているのです。

もし、がん保険の見直しをした結果、別の保険に乗り換えるという場合は、この3ヶ月の免責期間があることを承知の上で解約手続きを取る必要があります。

⇒マネーのプロに無料で相談できるのはココだった!

まとめ

保険の見直しをすることは大切なことですが、解約するタイミングも非常に大切になります。

解約のタイミングを間違えると、無保険の状態になってしまったり、もしかすると新しい保険が成立せず、保険に入れないということも考えれます。

ですから、保険の見直しや解約のタイミングは、保険のプロからアドバイスをもらうことが一番です。

もし担当者がいなかったり、別の担当者からのアドバイスがもらいたいということであれば、無料のファイナンシャルプランナーに相談されることをお勧めします。

きっとあなたの力になってくれるでしょう。

マネーのプロに無料で相談できるのはココだった!

「保険料が家計を圧迫してる」「将来のために資産運用したい!」など、お金の問題はいつの時代もついてくるものです。

みなさんもお金にまつわる、こんな悩みを抱えていませんか?

  • いま入ってる保険で将来は本当に大丈夫なの?
  • 保険料をもっと安くしたい!
  • 資産運用ってどんな方法があるの?
  • 家族が増えたんだけど、家族のための保障ってどれくらい必要なの?
  • 老後の資金ってどれくらい必要なの?
  • 相続税や贈与税の相談がしたいけど誰に相談すればいいの?

私は、妻と3人の子どもの5人暮らしですが、マイホームの購入や子どもたちの教育費、自分たちの老後のことなど、お金のことでいつも不安を抱えていました。

それなりの節約生活をしていましたので、あるていど銀行には貯金がありました。

でも今の低金利ではほとんどお金が増えないし、どうにかして今の預貯金を増やせないかと考えていました。

そのため、株式やFXといった投資もしてきましたが、結局大損をしてしまい、ハイリスク、ハイリターンの投資は私には向いていないことを悟りました。

そんな私に、お金の見方を180度変えるできごとがありました!

お金の見方が大きく変わったある出来事

給料は少しずつ増えはしますが、それに伴って支出も大きくなってきます。

そこに、住宅ローンや子どもたちの教育費、自分たちの老後の生活費など、様々なお金の問題が降りかかってきます。

私が独身の頃は、お金を増やそうと株式やFXを勉強して、ある程度増やすことができましたが、結婚して子どもが産まれると、なかなかそんな冒険もできなくなります。

将来の不安に駆られていた時、「ファイナンシャルプランナーへ相談」をしたことが、私のお金の見方を大きく変えてくれました!

私自身も、それなりにお金に関する知識を持っているつもりでしたが、やはりお金のプロの見方はまったく違うものでした。

将来、いつまでにどれくらいのお金がかかるのか、控除という制度を用いてそれほどの節約ができるのか、それを捻出するためにお金をどのように生み出す仕組みを作れるのか、など、具体的な方法を知ることができました。

単にお金を増やすだけでなく、損をしないための分散投資の仕方や、入りすぎている保険の見直しなど、無駄なモノがこれほどあったんだと思い知らされました。

やはりお金のプロって見る観点が違うんですね。

この記事を読んでくださっていて、同じような悩みをお持ちでしたら、ぜひ無料のファイナンシャルプランナーに相談してみてください!

きっと、お金に関する見方が大きく変わると思いますよ。

⇒もっと知りたい!続いてお読みください

コメント